メタバリアS(旧メタバリアスリム) 私の飲み方

私は、54歳。168センチ、54キロ。
小柄の部類に入る体型です。
腸があまり強くない体質です。

ですので、私は、自分の体質に合うか、体調を崩さないか気にかかっていましたので、メタバリアS(旧メタバリアスリム)を食前1回1粒ずつ飲むことにしました。
メタバリアS(旧メタバリアスリム)の基本的な摂取目安量よりは少ない量です。

メタバリアS(旧メタバリアスリム)の基本的な飲み方は、
1日摂取目安量は8粒となっています。
毎食の食前に、2〜4粒を水と一緒に飲みます。
食事の量やボリュームに合わせて2〜4粒の間で調整して飲みます。

私の場合は、体質に合うかどうか1粒ではじめましたが、1粒で効果が感じられているので、そのまま1粒で続けています。
毎食の食前10〜20分前に、水または白湯で飲んでいます。

また、私は、元来、甘い物が好きなものですから、ケーキや和菓子などスイーツ類を食べるときにも、食べる前にメタバリアS(旧メタバリアスリム)を1粒飲んで糖の吸収を抑えるようにしています。
朝昼夕の食前に飲むのとは別に、スイーツ類を食べる前にも飲んでいるということです。

スイーツ類以外の間食を食べるときには、メタバリアS(旧メタバリアスリム)を飲むことはありません。例えば、ポテトチップスとかを食べるときには飲みません。

今のところ、この飲み方で[糖の吸収が抑えられ]、メタバリアS(旧メタバリアスリム)に出会う前に悩まされていた、食後の血糖値上昇によるお尻の腫物ができるとこがなくなっています。

ですので、この飲み方を続けていこうと思っています。

これからメタバリアS(旧メタバリアスリム)を飲もうと思っていらっしゃる方も、1日摂取目安量8粒、1日3回2〜4粒を基準に、ご自分の体調や体質に合わせて量を調整して飲むといいと思います。

体格が小柄な方は少なめに、大柄な方は多めに。
食事量が少ない方は少なめに、食事量が多い方は多めに。
糖分や糖質を含む量が多い食べ物を食べる前は多めに。
間食でスイーツ類を食べる前にも飲む。
このように、各々、飲む量を調整して様子を見ながらメタバリアS(旧メタバリアスリム)を飲むといいのではないかと思います。

9ヶ月後から毎食前2粒にしました

ずうっと、毎食前1粒、おやつなどでスイーツ等を食べる前に1粒を飲むようにしていましたが、9ヶ月たった頃からは、毎食前2粒に変更しました。

毎食前以外に、スイーツ等を食べる前に1粒飲むのがちょっと面倒になったからです。

だったら、毎食前に2粒にすれば、その効き目で、間食にスイーツを食べても大丈夫だろうと感じたからです。

外に出かけた先で、ちょっとスイーツを食べる機会があったりして、その度に、食べる前にメタバリアSを飲むのがちょっと面倒なのです。

結果、毎食前に2粒を飲んでいると、間食でスイーツを食べても、私が悩んでいた【糖の摂り過ぎによるお尻の腫物】が出ることもなく過ごしています。

ですまで、今後特に変化がなければ、このまま、毎食前2粒を続けるつもりです。

メタバリアS(旧メタバリアスリム)公式サイト
「メタバリアS(旧メタバリアスリム)」のトライアルパック500円⇒
14日間分・500円(税別)・送料無料

支払い方法は、クレジットカード、コンビニ決済/郵便振替(後払い)、代金引き換えから選べます。

トライアルパックではなく、最初から、「メタバリアS(旧メタバリアスリム)」の定期購入を注文されてもOKです。30日分・4112円(税別)・送料無料です。